【肩書は芸人?】キンコン西野亮廣「仮想通貨をやらない理由」がこちら…【画像あり】

be-w1Swt8Xnbvw-copy

 

西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年7月3日 – )は日本のお笑いタレント、俳優、絵本作家であり、漫才コンビキングコングのツッコミ、ネタ作り担当。相方は梶原雄太。
24767350_24940

兵庫県川西市出身。吉本興業所属。川西市立多田東小学校、川西市立多田中学校、兵庫県立川西緑台高等学校卒業。身長173cm、体重57kg

絵画を特技としている。美術教師に美術大学進学を勧められたが、小さい頃からお笑い芸人になることしか考えていなかった。単独ライブでも舞台セットには彼の絵の拡大パネルが使用されている。

1999年コンビ結成。主に漫才をしている。

2011年現在はコンビとしての活動のほか、過去に配信していたインターネット番組から生まれた「ろくでもない夜」等のイベント、舞台脚本、絵本等の制作など、個人でさまざまな活動をしている。

2011年5月、シンガーソングライターの植村花菜との仲を報道され、同月18日、自身のライブイベントにおいて交際を認めた。しかし2012年4月に破局。

2015年4月 アメリカ ニューヨークで独演会を開催した。
 
お笑い芸人として活動しながら絵本作家でもあることに、一部で批判があったことから、2016年6月28日にブログおよびTwitterで芸人引退をし、以降は絵本作家を肩書きとすることを宣言した。「肩書だけの問題」として芸能活動からの引退ではないとしている

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%87%8E%E4%BA%AE%E5%BB%A3

Twitter
https://twitter.com/nishinoakihiro

ビットコイン(英: bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。
2017072301001409

ビットコインはサトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto) を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転: 取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用される。このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。ビットコインは、この種のシステムの中では最大の時価総額を持つものである。

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取る。ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスと交換することもできる。ビットコインを送信するときにユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができる。

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓