独身アラサーの私は一人寂しくクリスマスを迎える事になった。興味本位で出会い喫茶に入店!するとそこには。。。

12月24日。クリスマスイブ。

浮かれた街を余所目に、

アラサー女の私は一人新宿にいた。

何かに立ち向かうような心持ちで

まずはこの場所に向かった。

出会い喫茶だ。

システム紹介

女性目線のレビューは少ないので、

気になっている人はぜひ参考にしていただきたい。

①登録

受付を済ませたら、はじめに会員登録の

ためプロフィールなどを記入する。

身分証を提示しなくてはいけないので

個人情報はごまかすことはできない。

干支の欄があるのが水商売っぽい。

ただ、登録とは別に男性閲覧用の

プロフィールがあるのでそこで

偽名を使うことは可能。

写真も撮影し、男性閲覧用に使用される。

ここで注意したいのは一言断りをいれないと、

モザイクをかけて店のHPに出勤者として

勝手に掲載されてしまう。

(私は後日気づき消してもらった)

登録料などの料金は一切かからない。

女性ルームの中は雑誌・テレビ・漫画、

お菓子や飲み物などが揃っていた。

場所は全然違うが、献血ルームの

休憩スペースと同じラインナップだ。

一辺がマジックミラーになっており、

男性ルームからこちらの様子が見えるようになっている。

めちゃくちゃ怪しい水があった。味は普通だった。

注意書き。

「カラオケ店で何かあったときのために

インターフォンの場所を確認しておきましょう」

「隠し撮りのレンズがないか確認しましょう」

などポップなタッチとは裏腹に、

これから訪れる危険さを事細かに物語っている。

③トーク

男性から指名が入るとスタッフから呼ばれる。

待合室から移動し、

男性のプロフィール用紙と

ストップウォッチを渡されトークルームに入ると、

その男性が座って待機している状態である。

プロフィール用紙で男性が何を望んでいるのか

少しわかるようになっている。

「 当店は会員様同士の純粋な出会いを提供させていただく場」

ソファ席はとても狭い。

一人当たりトーク時間は10分間と

なっており、ストップウォッチで計る。

ここであらゆる交渉をしていき、

交渉が成立すると退店となる。

ちなみに何人かに指名を受けた場合、

全員と話をしたあと比較してから

男性を選ぶということはできない。

女性から指名をすることはNGなのだ。

交渉成立しなかった場合は、女性ルームに戻ることになる。

④退店

交渉が成立したら、その旨を

スタッフに伝え、再度女性ルームで待機。

数分でスタッフに呼ばれ、男性は店舗が

入ったこのビルの下で待っているという。

二人で退店して怪しまれないように配慮されたシステムだ。

ビル下で男性と合流し、

その後の行動は二人に任せられている。

 

 

 

↓↓↓次のページへ続く↓↓↓