【きわどい】放送していいの!?自ら月兄いで撮影する女性フォトグラファーの数々の写真がクレイジーすぎる!!(画像・動画あり)

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファーの数々のキワドイ写真集をご覧ください。クレイジーすぎる・・・【閲覧注意】

いかにもクレイジーと言われてしまいそうな

表現活動を続けるのは、

フォトグラファーのヨシダナギさん(29歳)。

独学で写真を学び、

2009年からアフリカでの撮影をスタート。

現在に至るまで様々な秘境や僻地で活動を続けています。

少数民族と「同じ格好」になって写真を撮るという、

独特の撮影スタイルで注目を集めているナギさん。

彼女が自ら裸体になって

衝撃写真の数々をご覧ください

 
 
 
 

他のエリアでは起きないハプニングの刺激に病みつきに。

なぜ現在の表現活動の場として

アフリカを選んでいるんですか?

小さい頃に抱いていた「アフリカ人になりたい」という夢は

かなわないことに気がついちゃったんですが、やっぱりそれが初期衝動ですね。

それで実際に行ってみたらアジアとか他のエリアでは起きないような

ハプニングが多くて、その刺激に病みつきになりました(笑)。

初めてアフリカに行ったのは何歳のときですか?

2009年なので23歳のときで、

エジプトとエチオピアに行きました。

エチオピアには少数民族がたくさんいると聞いて、

一度にたくさんの少数民族に会いたいなと思って行きました。

普通にそこら辺にいるアフリカの人たちはケ

ラケラ陽気に笑っていてパワフルで、

私が想像していたアフリカ人そのものでしたが、

いざアフリカの少数民族に会ってみたら、

思っていたのとは全く違うものでした。

少数民族の人たちはものすごくビジネスライクで

凄くガッカリしたというか、もどかしかったです。

ビジネスライクというのは観光産業化しているということ?

ちゃっちゃと写真を撮って早く帰れ、みたいな。

私はもっと触れ合いたいなと思っていたので

彼らの笑顔が見れなかったことが残念でした。

 
 
 
 
 
 
↓↓↓自ら月兄ぎたいんだけどといったらしい!そしたら。。。?↓↓↓